食べることが大好きなナッセ編集部が、夜の外食(そとめし)にオススメのお店をご紹介します♪

1

【女子の夜ごはん】わざわざ行きたくなる隠れ家和食。季節感溢れるヘルシー美食をたっぷりと。

“ヘルシーで身体が喜ぶ料理”をテーマに、地元野菜や県産食材を使った創作和食が人気の「季寿」。
オープンして2年を迎え、女性を中心に県内外から訪れる方も多いとか。
こちらでは、昼夜問わずコース仕立ての御膳料理がいただけます。
料理・器・空間・おもてなし、全てにおいて女性オーナーならではのこだわりが。
昼ごはん・夜ごはんとしてはもちろん、各種お祝いやご宴席にもオススメです。

粥菜レストラン

季寿(きじゅ)

  • 熊本県上益城郡益城町福富804-1
  • ランチ  11:30~14:30(L.O.14:00)
    ディナー 18:00~21:30(L.O.21:00)
    ※日曜はお昼のみの営業となります。
  • 水曜、第一日曜

2

【女子の夜ごはん】グルメ女子も納得!その日の気分でメインが選べるカフェごはん。

和と洋が融合したお洒落カフェ『座’t CAFE+Bar』。
女性に大人気なのが平日の夜に戴ける【夜らんち】。
なんと全18種のパスタと全15種のごはんの中からメインを選べ、サラダやデザートまで付いたお得なセットです。
仕事帰りにも気軽に立ち寄れます。
※写真は夜らんち 1,620円

3

【女子の夜ごはん】素材を活かした美味しい料理を大切な人と。上質カジュアルダイニング。

洗練された美味しい料理とお酒が楽しめる『Joan』。
おすすめはジョアン特製ミートローフ。
ボリュームも文句なしで、ナイフを入れるとベーコンで閉じ込めた肉汁と旨味が溢れます。
自慢のきのこたっぷりデミグラスソースでどうぞ♪※写真はミートローフセット 2,484円

  • 熊本市東区佐土原3-441-4
  • 【ランチ】11:00~14:30(OS)
    【アフタヌーン】14:00~17:00(OS)
    【ディナー】平日・日曜・祝日18:00~22:00(OS)
    金・土・祝前日18:00~23:00(OS)
  • 不定休

4

【女子の夜ごはん】生ビールも飲めちゃう♪食材にこだわった大満足の夜カフェセット。

地産地消にこだわった豊富なメニューが味わえ、つい時間を忘れてしまう居心地の良さが人気のカフェ。
セットで食べられるチキン南蛮は、宮崎県のハーブ鶏を使用し、サクサクの衣と特製タルタルソースがヤミツキ必至の一品です。
※写真は平日限定 夜カフェセット 1,500円

  • 熊本市中央区水前寺1-31-11
  • 【火~木】11:30~22:00
    【金】11:30~24:00
    【土】11:30~16:00
       18:00~24:00
    【日】11:30~16:00
       18:00~22:00
  • 月曜

5

【女子の夜ごはん】熊本駅内のお洒落なイタバルで、終電までゆったりワインを♪

通勤で熊本駅を利用される方々♪仕事帰りに飲みたくなったら「肥後よかもん市場」にある「地中海食堂そうせき」にレッツGO!こだわりの県産食材を使った本格ピッツァや自慢のアヒージョはどれも絶品。
ご希望のコース料理も可。
※写真はおひとり様セット 1,674円

地中海食堂 そうせき

地中海食堂 そうせき

6

【男の定食】満腹度100%の市場飯を食らう!名物「あか牛丼」も大人気!

あか牛の三協グループ直営の「肉食堂よかよか」。
まさに“男飯”と呼べるボリューム満点の定食メニューが揃い、なかでも500gというメガトン級のデカ盛り定食が凄い。
もちろん味もお墨付き。
自社牧場直送のあか牛メニューもオススメです。
※写真は棒ヒレカツ定食 1,580円

7

【男の定食】仰天のボリュームと抜群のコスパ!水前寺に佇む、これぞ男の定食屋!!

定食屋一筋21年。
大将の男気と心意気とがボリューム満点の“男飯”に表れるめし処「味道園」。
今年1月に数件隣りに移転リニューアルしメニュー内容も更にパワーアップ!昼夜変わらぬ価格で提供される定食をはじめ、丼もの、飯もの、麺、夜限定の逸品料理など目移りしてしまいそうなメニューが並びます。
料理をシェアしての宴会利用も多いとか♪※写真はチキンカツ定食 700円

8

【男の定食】ちょい飲みよし、ガッツリ食べてもよし。使い勝手抜群の新感覚スタンドが10月上旬にニューオープン!

熊本にはこれまでなかった新感覚の酒場がニューオープン!その名も「スタンドおやま」。
“スタンド”と言えども座席は完備されており、おひとり様でも、グループでもOKな包容力のあるレイアウト。
コンセプトはズバリ「飲みにいける定食屋」。
昼夜問わず味わえる定食メニューの他にも、つまめるアテから〆の飯まで全てがコストパフォーマンス抜群。
入り口付近のカウンターには、セルフスタイルのドリンクのドブ漬け、シューマイのせいろや煮込み鍋が並び、訪れる者の食欲を掻き立てます。
現代のオシャレ酒場と昭和居酒屋が融合されたゴキゲン酒場。
“わさもん”熊本人なら行くっきゃない!※写真は名物!シューマイ定食 750円